矯正治療の流れ

来院から治療までの流れ

適切な診断のためには、十分な精密検査が必要です。

初診で一見して治療方針が決まるほど、不正咬合は単純ではありません。
適切な治療方針を立て、使用する矯正装置を決めるには、患者さん一人ひとりの不成咬合の状況について十分に精密検査をし、その資料を分析して診断しなければなりません。

1.初診(無料カウンセリング)

矯正治療の進め方、現状のお口の中について簡単な説明を行うと共に、治療に関する様々な疑問にお答えします。
・噛み合わせや歯並びについて
・適切な開始時期や矯正料金の目安について

2.精密検査(検査料が発生します。)

精密検査をもとにして患者様にあう理想的な治療計画をご説明します。
その上で患者様のご希望も踏まえ、最終的に治療方法、期間、費用などを決定します。
※お子様の場合は、経過観察になることがあります。

デジタルレントゲン

当医院は患者様のことを考え、従来のレントゲンよりX線が1/10と大幅にカットされる「デジタルレントゲン」を使用しています。

頭部エックス線規格写真

側面と正面を撮ります。
外見からでは分からない
・頭に対する顎の位置や大きさ
・上顎と下顎の位置関係
・歯と顎の関係、歯の傾き具合
などを調べます。

パノラマエックス線写真

全部の歯を一枚に収めた写真。
これから生えてくる歯を含めて、歯や歯槽骨の状態などをチェックします。

顎の関節のエックス線の写真

顎の関節の形や位置に問題ないか調べます。

手骨エックス線写真

骨の成長度合いの推定に重要な役割を果たします。

歯型

石膏で歯並びの模型を作り、不正咬合の状態を立体的に確かめます。

顔と口の写真

口の中の様子と、顔の写真(正面・横顔など)撮ります。
治療が完了した時にこれで変化(治療効果)を確認できます。

精密検査の結果をもとに治療後の予想をした歯並びをお見せします。

治療後の歯並びがどのようになるのかをシュミレーションできます。
予想をした歯並びをお見せすることで、事前に抜かなければいけない歯を選別することができます。
※こちらのセットアップをご希望の方は精密検査料に別途1万円(税別)かかります

3.診断

精密検査をもとにして治療計画を説明します。
その上で患者様の希望を踏まえ、最終的な治療方法、期間を決定します。

4.治療開始

4歳~9歳

子どもの歯の治療
 ※A・B

A:乳歯混合器に始められる場合
B:混合歯列期に始めれられる場合

保定・観察

※重度の不成咬合の場合、本格治療に移行する場合があります。

精密検査・再診断

10歳~

大人の歯の治療
 ※B・C

・全部の歯にブラケットを装着
・2~3年ほどかかります。
B:混合歯列期より引き続き治療を必要とされる場合
C:永久歯列期より始められる場合

保定・観察

・動かした歯や、あごをその位置に保つものです。
・2~3年ほどかかります。

終了

ヤナセ矯正歯科の特徴

1. 丁寧な治療説明・治療後のイメージを共有

治療内容を絵や動画を使いながら、分かり易く説明していきます。

歯の動くしくみなど、口で説明されただけでは理解しずらいのでは?
そこで、実際、治療で使っていく材料などを触って頂きながら、絵を見て、説明していきます。

精密検査の重要性を分かり易く写真解説した物をお渡しします。

沢山の症例を診てきているはずなのに、なぜ相談を受けに行ったその日に治療方針が決まらないのかと素朴に疑間をもたれるのでは?
たしかにある程度はお口の中を拝見すれば大まかなことは分かりますが、骨の中など、隠れた部分は分からず、誤った診断してしまうこともあります。
そこで、一つ一つの検査の意味をお伝えするために、写真つきで解説をお渡しします。
また、検査が終わり最終的な治療方針決定の時にも詳しくご説明していきます。

治療後のイメージを共有するために

歯列矯正を行う上で大切なのは、咬み合わせが機能的に改善されることはもちろん、歯科医師と患者さまの間で、仕上がりのイメージを共有できることが欠かせません。
そのために、必要に応じて患者さま一人一人の実際のは並びを再現する模型などを作成しながら、実際に目に見える形でイメージを共有していきます。

医療費控除

医療費控除についての詳しい説明と実際の記入用紙のサンプルなどをお渡しします。

2. 治療中の患者さまへのケア

料理のレシピをブログにアップしています。

矯正治療を始めると個人差はありますが、歯に鈍い痛みや歯が浮いた感じをうけることがあります。
それにより、固い物が噛みずらくなるため、単品で、おとうふやうどん、プリンなどを食べることが多くなり、栄養バランスが崩れがちに。
それにより、お口の中の粘膜が弱り、口内炎などができる原因にもなります。

そこで、当医院オリジナルで栄養バランスや食べ易さを考えたレシピで料理を作っています。
忙しい方や働くお母様などにも簡単に作れる様にアレンジしてますので、是非ご参考になさって下さい。

ブログはこちら
歯ブラシの仕方を分かり易く絵つきで説明していきます。

特にお口の中に固定式の装置などがつくと「どうやって、歯磨きしたらいいの?」と思われる方が多いのでは?
そこで、当医院では小さな患者様でも分かり易い様に、手書きの絵をつけ、細かく説明した物を参考にしながら、実際に練習していきます。

また、来院時には毎回歯磨きの状態をチェックしていき、うまく磨けていない所があれば、再度練習して頂きます。

学校の先生宛にお手紙を書きます。

お口の中に矯正装置が入っていることを学校の先生に知ってもらい、体操の授業などでケガをしない様に、注意を払ってもらえる様、また時として学校を休んで通院してもらう可能性があることを担当の先生にお伝えいたします。

3. 歯並びだけではない、トータルの美しさを提案します。

ただ歯並びをキレイに、咬み合わせを正しくするだけでは、ちょっと物足りませんね。
歯科矯正の分野から、理論的に正しい歯並び・咬み合わせを目指すと、患者さま本来の持ち味・美しさを失ってしまうことがあります。

女性ならではの観点で、 お顔全体のバランスを踏まえた美しい矯正を提案しています。

顔の横幅5等分の法則

顔の横幅は、目の横幅を基準に、目が横に5つ並ぶ幅が理想です。
むろんその幅が均等であればベスト。
ちなみに、目の幅は約3センチと言われています。
ということは、顔の横幅は15センチが理想形?

パーツバランス3分の1の法則

文章が欲しい(原稿がない為)

パーツ位置関係の法則


眉頭は目頭の真上
眉尻は小鼻と目尻を結んだ延長線上で止めること。


額の髪の生え際と、そこから唇の真ん中までの距離のちょうど中間に位置していること。


鼻の下からあごの先まで3等分し、その上3分の1の線上に唇の真ん中が位置していること。
口角は、黒目の鼻側と直線で結べれば最高。

ビーナスラインの法則

鼻先と唇、あごを結ぶラインがビーナスライン。
これが一直線だと美人と言われています。
男性では90度、女性では110度。鼻の高さ(B)は、鼻の長さ(A)の3分の1だと理想形。

鼻縦横比率の法則

法則1(ビーナスラインの法則)を見直しましょう。
顔の5等分が目の横幅でした。その目の横幅でした。
その横幅の3分の1が目の縦幅。
そして目の横幅はそのまま小鼻の横幅にもなります。
小鼻の横幅と鼻の長さとは、100対64の比率にあるのが理想。
つまり、目が3センチならば、小鼻の横幅も3センチ、そのときの鼻の長さは4.6センチが理想形です。

唇縦横比率の法則

唇の大きさは目の1.5倍。鼻幅よりもやや広めが理想。
人差し指、中指、 薬指の3本でちょうど唇が隠れれば理想形。
さらに、顔の横幅対唇の幅は、10:3~3.5がベスト。
唇の厚さは、上唇が1なら下唇は2。
唇全体の厚さと長さの関係は、1:3が理想。